ビットコイン取引所選びは取り扱っているBTCに要注意!

投稿者: | 2018年5月13日

ビットコインの取引ではリスクと利便性を把握

仮想通貨でも急速に話題に上ることが多いビットコインは、取引所で時価で入手をすることが可能です。現在の相場価格に売買手数料がかかりますが、その取引所で扱っている通貨で購入することができます。

現在、日本ではビットコインを扱う取引所は、過去に詐欺事件などの問題が起こったこともあるため、法的規制を受けて国による許可が取引所の開設に必要となります。なお仮想通貨自体が世界でも注目されていることもあり、金融機関などでも取引所を開設する動きも広まっています。

なお取引所の選択に重要なポイントとしては、扱っている仮想通貨がBTC以外の通貨もある点です。
なかには新規に取引が開始された通貨も存在し、そういった通貨も相場価格を形成しています。

ただ複数の通貨を扱っても手数料が課題になったり、商品の売買などの決済用に使うことができるかについては将来は解らない点もあります。
国の規制により取引が中止されるリスクもあるため、投資だといって直ぐに購入するなど飛びつくことはリスクも存在します。

また取引所自体も資本が無い場合には、破たんする恐れも付きまとうため、メジャーでない取引所に注意をすることも必要です。

仮想通貨「Mod}の特徴は?ブロックチェーン技術で出来る物流プロセスの改善について

Modはブロックチェーンの技術とIOTセンサーを活用することで、決済のみならず物理的な商品の管理まで担うことができる仮想通貨の一種です。

このコインが扱われている分野は、医薬品業界を主流にし、医薬品の物流プロセスの商品の状態までも管理することができる点でも優れています

物流プロセスでは、IOTセンサーの他にモバイルアプリ、スマートコントラクト、ダッシュボードの4つの機器を駆使してプロセスの効率化を図ります。
製品が製造過程から顧客の元へ届くまでの履歴を追跡する機能を有しており、画期的な通貨にもなります。

商品の物流での環境の変化、運搬ルート、顧客などの情報変更に対応することができ、今まで品質が掴めないブラックボックスの領域までに踏み込んだ管理ができるメリットがあります。
Modは2016年6月に試験運用を開始されており、業務自体を改善することにも繋がっています。

医薬品サプライチェーンソリューションの一貫としても活用され、それにより医薬品の安全性を担保する上でも役立ちます。

今後は医薬品のみならず、飲食業業界などにの品質管理と決済機能を兼ね備えた通貨で期待されています。