ビットコインのブロックチェーンの技術の仕組み

投稿者: | 2018年9月10日

仕組みを理解すればビットコインは怖くない

ビットコインには、ブロックチェーンという特殊な暗号技術が扱われています。
それまでのネット上のシステムには、サーバーを介した取引が活動が必要でした。
サーバーを介する取引は、簡単に構築できる一方で外部からのハッキング被害などに合いやすいというデメリットも存在していました。
そこで考えられたのが、サーバーを介さない独自のネットワークのみで取引システムを構築する方法です。

取引に参加するユーザーのデバイスを介して取引台帳を準備することで、外部からの攻撃を受け付けない特殊な分散型ネットワークを構築しています。
ユーザーのデバイスの計算能力を利用して取引の処理を行っていくことになりますので、文字通りチェーンのような繋がりで取引台帳に記録が残されていくわけです。
これが、ブロックチェーンの仕組みです。

ビットコインのような仮想通貨では、このように全ユーザーが承認作業を実質的に行うようになっているわけです。
そのため、こうしたデバイスの計算能力を積極的に貸してくれているユーザーに対して、仮想通貨では謝礼の意味を込めて通貨が提供されているわけです。
こうした行為は、一般的にマイニングと呼ばれている仕組みです。

仮想通貨の将来性から今後おすすめの銘柄は?

仮想通貨の将来性は、ブロックチェーンを効率的に活かすことによって可能性が広がっています。
そもそも、ビットコインが作られたのは投資や投機を目的としたものではなく世界中の送金システムを改善するためです。
各国で取引を行う際には、それぞれの国が保有している通貨のことを考慮したり、銀行の決済システムによる遅延を前提に行わなくてはいけません。

例えば、輸出や輸入で取引をして製品を購入したとしても、実際に購入して送金を行うときにはタイムラグが生じてしまいます。
小規模な取引なら問題ありません。
大規模な取引を行う際には早急にお金を支払ってもらわないと、トラブルが生じた時に大きな損失に繋がりかねません。
ですから、こうした決済システムを改善するために仮想通貨というものは基本的に存在します。

実際に、こうした前提を考慮した仮想通貨も既に開発されています。
決済システムの効率化を考慮した仮想通貨の中には、ブロックチェーンの中に取引の契約内容を組み込むことができるものも登場しています。
形を変えてよりユーザーの需要に応えることができる通貨が登場していますので、将来性は非常に高いと言えます。