ビットコインで儲けるためには

投稿者: | 2017年3月3日

ビットコインの投資で儲ける

ビットコインで儲けるためには、マイニングに参加して採掘を行うか、売買取引(トレード)を行う方法があります。マイニングを行う場合には電気代や計算機・電源や冷却設備のために多額の初期費用が必要で、普通の人が手軽に始められるようなものではありません。これに対してトレードで儲ける場合は、取引所でアカウントを開設して資金を入金するだけで手軽に始められます。
トレードで儲ける方法はシンプルで、コイン価格が安い時に購入して、高い時に売却するだけです。
日本円と仮想通貨の組合わせで売買することも可能ですが、取引所によっては仮想通貨同士をトレードすることもでき、ビットコインを上回る勢いで急激に値上がりしているアルトコインも取引できます。ビットコインなどの仮想通貨は価格の変動が激しい上に、各国の金融当局や中央銀行によって人為的に価格が操作されることはありません。このため現物取引でも短期間で大きな利益を得ることが可能です。取引所によっては、一定の証拠金を入金して信用取引を行う事ができる場合があり、更に大きな利益を狙うチャンスがあります。証拠金として仮想通貨の貸し出しを行う取引所を利用すると、一定の利息が付く場合があります。
仮想通貨取引所は株や外貨FXのように休日や夜間に取引が停止することがなく、サーバーメンテナンス以外は常に取引ができます。平日の日中に仕事をしている人でも、夜間や休日を利用して仮想通貨取引に参加することが可能です。

投資をするなら取引の際に注意したいこと

仮想通貨決済が普及していない日本では、ビットコインは資産運用の手段として利用されています。仮想通貨で投資を行う際に注意したいことがあります。
仮想通貨は値動きが激しいため、短期間に莫大な利益が得られたり、逆に資産を失ってしまうリスクがあります。信用取引はハイリスクハイリターンなので、現物取引で慣れてから参加するようにしましょう。信用取引をしている間は、常に価格をチェックするようにします。
トレードを行うに際は仮想通貨取引所にアカウントを開設して、インターネットサイト上で手続きを行います。取引を行うために、安定したインターネット回線を用意する必要があります。モバイルWiFiルーターは電波が届きにくい場所で回線が切断することがあるので、できれば安定した光回線を利用するようにします。公衆無線LANサービスは暗号化されていないため、取引所にログインする際に使用しないように注意しましょう。
トレードを行う際は取引所に日本円や仮想通貨を預ける必要があります。運営会社が倒産すると資産が失われるリスクあるため、信用できる会社を選ぶようにします。仮想通貨は取引所ごとに取引価格の差が大きくなるケースがあるため、常に他の取引所のレートに関する情報もチェックする必要があります。