無料で仮想通貨は手に入るのか?

投稿者: | 2017年1月18日

ビットコインの入手方法と取引の仕方

無料でビットコインを入手する方法は様々です。マイニングなどで苦労してビットコインを集めている人からすると「何で」となるかも知れません。でも実際に日本でもビットコインを顧客に提供するサービスを提供している会社があります。
ビットコイン取引所でもあるbitFlyerでは、自社経由でサービスを利用するとビットコインがもらえます。通常は取引所に自分の口座を開設して、その口座に日本円を入金することでビットコインを入手します。大都市ではビットコイン用のATMがあり、ここからもビットコインの入手は可能です。取引所と違うところは口座開設の必要がないため、手数料が高くても多くの人が利用しています。
ビットコインを入手する方法は色々あり、ゲームをすることで楽しみながらゲットできます。ユーザーは自分に合った方法で選べるようになっています。Taskという方法ではいくつかの質問に答えることで入手できます。英語で質問内容が出題されているので英語の得意な人におすすめです。とても効率的な入手方法で30分程で100ミューBTCを入手した人がいます。
それ以外にもVideoは動画を見るだけですし、Special Offerは調査に協力するだけといったものがあります。日本語でアンケートに答えれば入手できますから、効率的に手に入れられます。また、お小遣いサイトでももらうことができます。

ビットコインに取引所はあるのか?

ビットコインを利用する場合①販売所②取引所③交換所があります。ビットコインの取引には取引所(交換所と同義)がありそこで売り手と買い手が売買して成立します。一般に取引所は販売所よりも安く買って高く売ることが出来ます。販売所は取引所で売買が成立しないときに売ることができますから、もしもの場合に利用するといいでしょう。
ビットコインの取引所では、取引の効率化のために売り手と買い手に集まってもらいオークション形式で売買価格を提示しますが、このときに使われる通貨がBTC(ビットコイン)です。投資したい人が売り手と買い手になって取引をする場所が取引所という訳です。
日本で一番大きな取引所がbitFlyerで、その他にもcoinチェックやQuoine、フィスコ、BtsBox、etwings、Kraken(アメリカ)、Bit FOREX(香港)など多数あります。いずれもアカウント作成・維持手数料は無料ですが、ビットコイン売買・送付などには手数料が発生します。
ビットコイン取引所は取引の場を提供する場として大事な役割を担っています。金融商品を買いたい人と売りたい人がマッチングして、両者から手数料をもらい利益を出すというビジネスモデルでもあります。つまり取引所は仲介役で、扱う通貨がBTC(ビットコイン)です。
BTCJPY市場はJPY(日本円)が、BTCUSD市場はUSD(米ドル)が、BTCCNY市場ではCNY(中国元)で売買されます。