賢く稼ぐには

賢く稼ぐ

ビットコインは仮想通貨の中でもメジャーなものであり、通貨単位はBTCという記号で表されます。

日本で取引をする場合には、「BTC/JPY」というように、1ビットコインあたりの価値が日本円に換算するといくらなのかということがチャートで表されています。

ビットコインで稼ぐ方法はとてもシンプルです。取引所でビットコインが安い時に購入して、価値が上昇したタイミングで売却をすることです。
2016年8月には6万円くらいの価値だったのが、12月には一気に10万円を超える価値まで上昇しました。
その後2017年の3月には一時的に15万円くらいの価値まで上がりましたので、資金を3倍近くにできた人もいたようです。

11月26日追記:価格が100万円を突破し過去最高値を更新。ビットコインの時価総額は約18兆円。

例えば、1000万円分のビットコインを購入して、価値が2倍になったタイミングで売却をすれば、2000万円になってお金が戻ってきます。
投資の方法としては非常にシンプルですが、仮想通貨は変動が激しいため、大きく稼げる可能性があります。取引所によっては、レバレッジを5倍くらいまでかけられることもあります。

レバレッジを5倍にすれば、利益が5倍となるので、資産をさらに大きく増やすことも可能になります。

ハイレバレッジで取引をしていた人は、2016年から2017年にかけて大きく稼げたことでしょう。

2015年12月

取引所は無料もしくは少額

取引所は無料もしくは少額

ビットコインは取引所で購入をして、ウォレットと呼ばれる口座に保管します。
ビットフライヤーの口座開設する手順・方法を紹介)

仮想通貨ですので、実物があるわけではありませんが、ビットコインはセキュリティがしっかりとしているので、基本的には失われるというリスクはありません。
パスワードなどはしっかりと管理しておき、だれかに盗まれないようにしておきましょう。

ビットコインは手数料が安いことも特徴です。
ウォレットの維持費などは基本的には無料であり、購入や売却時にかかる手数料も安価です。取引所にもよりますが、取引手数料は無料もしくは1ビットコインあたり108円といったようにとても安価になっていますが、銀行口座に出金をする時に300円~500円くらいの手数料がかかる傾向があります。

なるべく大きな金額をまとめて出金するようにしておくと、手数料の負担を減らせます

ビットコインの価値は2017年の3月の上旬に一時的に15万円近くまで上がりましたが、その後大きく下がり、一時的に10万円以下まで価値を落としました。
しかし、これが逆にチャンスであると考える人もおり、今は買い時であるかもしれません。将来的には20万円以上まで上昇するという予想もあります。

仮想通貨は変動が大きく、リスクも高いですが、大きく稼げる可能性のある投資です。